何時もの散歩道

何時もの散歩道でちょっとした楽しみを探しに行こう。 たまに寄り道、たまに出会い、たまに落とし穴。 積極的に歩かないと楽しみや喜びはなかなか見つからない。人生は散歩のようだ、さあ散歩に行こう。

9月21日 どうしたらいいのだろう

前回から1週間経過

 

私は今病んでいます

 

...

 

楽しめない

 

人生なんて楽しめない

毎日生きててごめんなさい

私なんて生まれてこなければよかったんだ

 

そう思う今日この頃。

 

昨日は父の誕生日だった。

 

こんな状態で父に会っても心から楽しいとか思えないし死にたいとばかり思ってる私なんて親不孝の塊だ。

父には「おめでとう、長生きしてください」としか言えなかった。

 

意味不明。何もかも。

この言葉も。

 

私の生きてる意味が不明。

 

どうしたらいいのか分からない。

 

布団の中で変なことを考えていた。

布団の中で手首に傷をつけた。

布団の中でずっと泣いていた。

 

誰も助けてくれない。

助けてって言えない。

 

どうしたらいいのか分からない。

 

...どうしたらいいのか分からない。

 

はさみを握って手首を切ろうとしたけど

切れない

 

また布団にもぐる。

 

そして、リストカットの方法を探そうと

PCをつける。

 

つけたら、ブログ村と私のブログが開いてあった。

 

何時もの散歩道

 

私は今何時もの散歩道で

見えない何かにぶつかって前に進めない

その見えない何かは何なのか分からない

その何かは私の前から消えない

 

どうしたらいいのか分からない

 

なので、

とりあえず今の気持ちをブログに書くことにしました。

 

見えない何かとは何なのか?

 

人じゃない、物でもない

 

不安、だ

 

...

 

私は、やる気がなくて悩んでると

前回のブログに書きました。

 

課題の目安日が過ぎようとしている今、

 

私は結局後期に入っても目安日までに課題を提出できなくて不安になりました。

 

今日は、そんな私を母が助けてくれて

日本史が一番難しいと言ったら

一緒に解くのを手伝ってくれたんです。

 

私のやる気が全くない中、

「ほら、課題持っておいで」

と何度も言う母

 

私が無理だ...と言って放置すると

母が答えを見つけてくれて

私は答えをただひたすら書いた

 

やっぱりこれはダメだと思いつつも

結局最後まで母に手伝ってもらった。

 

終わった後の達成感なんて少しもなかった

 

いつもだったら、よし、感想を書こう

と次の段階に移れるのに

今日は終ったらそのまま放置して

今ベッドの上だ。

 

通信制学校の学習は殆どが自主学習です

それを私は母と二人で解く

ダメだと思いつつも私は一人でできなかった

 

私は一気に不安になりました。

 

ひとりでできなくなってしまった

自主学習ができないなんて

学校に通う意味が無い

 

もう無理だ...

 

私は諦めたくないのに諦めました。

 

諦めたくないのは前は一人で計画して、

一人で学習できていたから。

まだ希望はあるのではないか...

と思いつつも

次の課題に進めない

提出するのがめんどくさい

やる気がない...

いつになったらやる気が出るのか分からない

このままやる気が出ないかもしれない

諦めよう...

 

矛盾してるんです。

やれるかもしれないという

気持ちもあるけれど、

もうやれないという

気持ちもある。

 

だから、どうしたらいいのか分からない。

 

もう学校にも行きたくない

でも今辞めたら残された道なんてない

 

矛盾ばかりで前に進めない。

 

...

 

前に進めない

 

そんな時はどうしたらいいのだろう。

寄り道はもうできないし、たどってきた道にヒントなんて無い。

そんな時はその場で穴を掘って落ちるところまで落ちた方がよいのでは...

 

穴を掘る

そして落ちる

 

それは、私の人生に穴を開けるのと同じこと

 

穴に落ちたらしばらくは普通の世界には戻れません。

 

と、いうことです。

変なことを考えていた、というのはまさにそのことで犯罪を犯して牢獄に入るか、ただひたすら家の中か外を荒らして強制入院するか。

 

でも、そんなことをしても何も得ない。

馬鹿な考えだと思った。

 

穴は簡単に塞がらない。

 

誰かが助けてくれないと

私はこれ以上何もできません。

 

何時もの散歩道で、

何かあればいいのに

 

って思います。

 

ずっと放置してきた恋愛で何か起きないかな。って少し期待してみたりするけど、

 

その相手は今忙しくて、

ちっとも相手してくれない。

 

ひたすら前に進む彼は

しばらく止まることができません。

 

止めようとしたら、彼の道をめちゃくちゃにしてしまうから遠距離恋愛中の彼とは

しばらく離れたままです。

 

彼が私にしてあげられることなんて

今は無いからね。

 

友達もそれぞれ前に進む。

 

家族も。

 

私だけ前に進めない。

どうしたらいいのか分からない。

 

おわり

 

おまけ


f:id:yukimaru1769:20170921015235j:image

 

父は今年で50歳。

まだまだ若いから!とバイク並みのスピードで先に進む父ですが、そんな父は髪真っ白で兄弟は癌で亡くしてたり真っ最中だったりで自分もどうなるのか分からないのにバイクで走り続ける姿は見ててそわそわするけどかっこいいです。

 

絶対についていけないスピードだけど、

いつかは同じスピードで前に進めるといいな。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村